世界の太公望 静かなる川のチャンピオン、ヨーロピアンニンフィング 、チェコニンフ 、ワールドフライフィッシング チャンピオンシップの世界

Championship Considered

フライフィッシングチャンピオンシップの考察

レギュレーションから垣間見れるフライフィッシング

世界規模の競技会ですから、当然、ルール(レギュレーション)が存在します。そして、それはなかなか興味深いものがあり、フライフィッシングにまつわる様々な思考、思想が垣間見れます。

その全てを、紹介するのは難しいのですが、主だったレギュレーションを紹介しながら、そこから考察できるフライフィッシングの側面を紹介します。

ロッドレンジは、12フィートまで

ロッドは、12フィートまでが使用可能であるというレギュレーションがあります。使うロッドの形状、つまりシングルハンドかダブルハンドかは問われていません。
ということは、本流での競技ではダブルハンド

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional